Search this site
適当に?
思いつくままで。
というか、
最近読んだ本
ばかりになるかも。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
『モルフェウスの領域』



取り返しがつかないのは、
いつでもどこでも同じこと。



それはそのとおり。
けど、
Accessで疲れた頭には、
ステルス・シンイチロウの理論はむづかしすぎて素通り。
またいつか読みなおそうか。

posted by kuri | 18:00 | | comments(3) | trackbacks(0) |
『赤(ルージュ)・黒(ノワール)』
 




勝負を張るなら、
買っても負けても
きちんと自分の身につくことのある場所で。


だそうです。



『娼年』も続きの『逝年』も読みましたが、
IWGPで、いいです。

どちらにしても
『血に非ず』 佐伯泰英
を読んだのと変わらない感じの
別世界の話の印象。
いえ、嫌いじゃありません。


著者は
「日記を三人称でしか書けなかった」時期があるそうですが、
自分を三人称で書く、とはどんな感じ、どんな心情
なのだろうか。
わからないです。
posted by kuri | 19:00 | | comments(0) | trackbacks(0) |
『感動する脳』





ネガティブのスパイラルから抜け出す方法

ネガティブな感情を上回るほどの
ポジティブな感情を脳の中に送り込む
負の感情の占める割合を小さくしていく



という理屈は
自分には納得できるものでした。


とくに「感動」について書いてあるわけでないと思う。

最初に「クオリア」についての本を読んだが
それよりも読みやすい本でした。

posted by kuri | 19:00 | | comments(3) | trackbacks(0) |
『Excel コンピュータシミュレーション』


図書館でExcelの関数に関する本を探したのだが、
出払っていて、代わりに借りた。
おもしろかった。



posted by kuri | 19:00 | | comments(0) | trackbacks(0) |
『天才 OUTLIERS』
 

必要な訓練期間は1万時間
1日8時間ずつで3〜4年
1日3時間で9年以上


1日3時間でも、とびとびでも合計10年もやれば
いっぱしのことを言うようになるなぁ
と、自分のことで感じている。
好きでもないことだが。

好きなことのほうがいいが。
posted by kuri | 17:23 | | comments(0) | trackbacks(0) |
『アリアドネの弾丸』
 

いちばん印象に残ったこと。

液体ヘリウム、1リットル、千五百円。

高い。
posted by kuri | 17:03 | | comments(0) | trackbacks(0) |
『第1感』



表情を作るだけで
自律神経系に目立った変化が現れる


とあったのだが、
この言い方のほうが、自分は納得できる。

笑う気分でなくても、嘘でも、笑顔になれ、
損しないから、楽しい気分になるから、
とか、言われるよりも。




posted by kuri | 16:50 | | comments(1) | trackbacks(0) |
『うまい逃げ方』
 
読んでない。読みたい。


―――

どうすることもできない過去の、
不快な経験を思い起こして、
再体験し、
再び傷つくことは、
当人にとって害でしかない。

(時間が経っているから大丈夫と思ったのだが)

「この次はもっとうまくやる」
と考えろと言われたとしても、
どうにもならないこともある。

「逃げる」ことが、いちばん、
ということもある。

自分は、「逃げる」技術を身につけるべきである。(結論)
(それからストレス発散法も?)

ストレスが高まると独り言が抑えられなくなるので
うるさくて申し訳ないとも思うが、
これもどうしようもない。

次回受診日には、
「ストレスがきてますねー」と、
アレルギーの薬ではなく、ストレスの薬に変えられるだろう。

不毛な一日であった。
posted by kuri | 18:27 | | comments(3) | trackbacks(0) |
『白雨』

雨宿りするところなどない、広い場所に
夕立
というのも、なんだか壮観。かな。
出くわしたらびしょぬれ。

いっぱいの、水の上、つまり海の上に、
雨が降るのは、なんだか、、むなしい。
と、言ったひとがいる。言ったというより、笑いこけた、か。


この本の中に

愚痴を、黙って聞いた。
話し手にも、愚痴の元の人についても、
コメントなく。あいづちをうたず。
ていうのがあって、
あ、それでいいのか。
と思ったことでした。


posted by kuri | 16:29 | | comments(0) | trackbacks(0) |